FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻への恋 (13)

駅まで歩く私の体からは力が抜け、周りの様子も目に入りません。俯いたまま、ただ黙々と真奈美さんの後ろを歩いたのです。

「じゃあ、私は小田急線で帰りますから。川島さんは逆方向の新宿経由ですね…」

私はただ無言で頷きました。

「私は気にしていませんよ… 契約する代わりの条件を出す男性は多いですから…」

彼女から言葉をかけられても、私は伏せた目を上げることが出来ませんでした。

「もちろん、全てお断りしてますけどね…」

見透かされていたんだ…
保険の交換条件など、彼女にとっては浅はかな魂胆だったんだ…

真奈美さんの体を自分のものとするために、交換条件という卑劣な方法で叶えようとした私を、きっと彼女は軽蔑していることでしょう。
私は真奈美さんから向けられる見下すような視線を逃れるように、顔を伏せたままうなだれていたのです。



「川島さんは彼女… いるの?」

「いえ… いません…」
「そうなんだ… じゃあ… 許してあげるから、あまり気にしないで」

理想としていた女性からかけられたその言葉は、私にとっては憐れみにも似た耐え難いものでした。
今すぐにでもこの場から走って逃げ出したい衝動を、かろうじて堪えていたのです。

「保険は契約しなくても構いませんから… じゃあ、これで失礼します」

真奈美さんは私に背を向けると、振り返ることもなく改札の方へと歩いていったのです。

これほどまで、自分自身に対する惨めな気持ちを感じたことは無かったでしょう。
蔑まれ、憐れまれながら立ちすくむだけの自分を正当化する言い訳すら見つかりません。

私は別の改札からホームへの階段を登り、新宿行きの電車を待ちました。人のいない奥の空間で、今夜の出来事から自身を遠ざけるように立ちすくんでいたのです。

「川島さん…」

私を呼ぶ声に驚いて振り返ると、先ほど別れたばかりの真奈美さんが笑みを浮かべながら立っていたのです。

「ちゃんと反省してたのかな?」

とっさの事に口から返事がつかえ、ただ頷くことしか出来ませんでした。



「明日、休みでしょ。罪滅ぼしに買い物に付き合える?」
「え? 買い物に…」
「そう… 新しいDVDレコーダーが欲しいんだけど、あまり詳しくないから。男の人ならそういうのよく知っているでしょ」
「は… はい、大丈夫です…」
私は彼女から言われるままに次の日の約束をしたのです。
間もなく、ホームに入ってきた電車のドアが開きました。

「ほら… ドアが閉まっちゃうよ」

真奈美さんに促され、私は慌てて電車に飛び乗りました。

「前に保険の書類に書いてもらった川島さんの携帯番号に電話するから」

彼女はそう言うと、ドア越しに手を振ります。

電車が走り出し、彼女の姿が視界から消えてから、私はやっと今しがたの経緯を理解出来ました。

明日、また真奈美さんと逢えるんだ…
もう二度と口をきいてくれないと思ったけど、彼女から誘ってくれた…

真奈美さんの態度が変化した理由は、彼女自身でなければ判らないことなのでしょう。
そんなことよりも、完全に途切れてしまったと思った真奈美さんとの関係が、再び繋がったことへの嬉しさと安堵が込み上げてきたのです。

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
この流れ、自分を重ねてしまいます。似たような経験って皆ありますよね。続き、楽しみにしております。

No title

はじめまして。
メインブログも含め、読ませて頂きました。綺麗な写真とリアルな文章に惹かれました。人妻への恋、続きを読みたく、リンクさせて頂きました。
私のブログは、私のSM嗜好と経験を書いたものでジャンルが違うかも知れませんが、相互リンクして頂ければ嬉しく思います。

Page

姉妹ブログ
寝取られ、夫婦交換を通じて他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。
是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


愛する妻を他人へ


一夜妻への想い


妻を愛した少年



妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

最新記事
【記事の順序について】 このブログは、古い記事から順に並んでいます。 最新の記事は最後のページにあります。

カテゴリ
I2I フリーリンク
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
プロフィール

川島ゆきひと

Author:川島ゆきひと
東京都内に住む30代の会社員です。

数年前に、ある方と知りあったことをきっかけに、寝取られと夫婦交換の世界を体験しました。

それ以来、愛する妻が他人に抱かれ、相手の望みを受け入れる姿の虜になってしまったのです。

そんな私の想いを、エッセィとしてこのブログに書き綴ります。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ







私が夫婦交換を体験するまでの経緯や様々な出来事を他のブログにも書いています。
是非、併せてお読みください。

体験と願望の掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない行為を教えてください。


体験と願望の告白 掲示板

人妻ブログ集

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
相互リンク

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


人妻官能小説 蕩蕩


淫らな楽園


変態小説


寝取られ体験談アンテナ
リンク
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛のメール送信フォーム
Counter
Visitor
ブログランキング

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
RSSリンクの表示
広告エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。