FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜妻 (19)

<前ページより>

快楽に溺れた視界が少しずつ歪みを取り戻した時、吐精を終えた茎の先には、白濁の液に包まれた貴子さんの顔がありました。
貴婦人の額から首筋にかけて、私が彼女を独り占めした証が幾本もの線を描きながら、顔を白く淫らに染めていたのです。

由香里はどんな想いで私の姿を見つめていたか…
そして、私が他人の妻を欲望のままに汚す光景をどう受け入れたのか…



私の行為の全ては、他人が由香里に対して果たして欲しい陵辱そのものでもあったのです。

そして、それは傍らの沢田さんにとっても同じ筈です。

沢田さんは、愛する美しい妻の顔が他人の精液で汚される光景を、交わりの姿を見つめる想いとは別の、倒錯した嫉妬が入り混じった感情で受け止めている筈です。


彼は枕元のティッシュを取ると、貴子さんの傍らに寄り添い、耳元で何かを囁きながら、ゆっくりと私の痕跡を拭き取りました。

彼女は閉じていた目を薄く開け、夫である沢田さんと目線を交わしたのです。
私は由香里を側に抱き寄せ、二人の姿を見つめました。

お互いが信頼し合うからこそ、夫婦を交換することでしか得られない悦びを共有しあえるのかも知れません。
それは沢田さん夫婦にとってだけではなく、私達夫婦にしても同じことなのです。

私は由香里の胸に手を添え、乳房から垂れ落ちる他人の液を指で塗り広げました。
微かに漂う精の香の中で、生暖かいぬめりと粘りが、乳房の肌と指先の間に広がります。



先ほどまで私の目の前で妻と沢田さんが交わっていた姿が、満ち足りた至福の中で蘇ります。

自分の妻と一夜の妻…

私にとっては、一夜の出来事の中であったとしても、ともに愛おしい大切な存在でした。
暫くの静かな時が経った後、私は貴子さんの手を取り、部屋を出ました。二組の夫婦は別々の空間に分かれ、夜の限りが互いを切り離すまで愛欲の時を過ごしたのです。

一夜の限りがあるからこそ他人の妻を愛し、また、他人の夫に全てを委ねることが出来るのかも知れません。

<この章 終わり>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Page

姉妹ブログ
寝取られ、夫婦交換を通じて他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。
是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


愛する妻を他人へ


一夜妻への想い


妻を愛した少年



妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

最新記事
【記事の順序について】 このブログは、古い記事から順に並んでいます。 最新の記事は最後のページにあります。

カテゴリ
I2I フリーリンク
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
広告エリア
プロフィール

川島ゆきひと

Author:川島ゆきひと
東京都内に住む30代の会社員です。

数年前に、ある方と知りあったことをきっかけに、寝取られと夫婦交換の世界を体験しました。

それ以来、愛する妻が他人に抱かれ、相手の望みを受け入れる姿の虜になってしまったのです。

そんな私の想いを、エッセィとしてこのブログに書き綴ります。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ







私が夫婦交換を体験するまでの経緯や様々な出来事を他のブログにも書いています。
是非、併せてお読みください。

体験と願望の掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない行為を教えてください。


体験と願望の告白 掲示板

人妻ブログ集

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
相互リンク

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


花しずく
~京都M妻の愛され方~


妻のセックス


人妻官能小説 蕩蕩


淫らな楽園


混浴大全集


変態小説


寝取られ体験談アンテナ


結婚と性生活アンテナ
リンク
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛のメール送信フォーム
Counter
Visitor
ブログランキング

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。