FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜妻 (3)

<前ページより>

ホテルの場所は貴子さんが知っているので、彼女と私は沢田さん達とは別の道を遠回りしました。

私は彼女と、車の少ない細い通りを並んで歩きました。
話したいことはたくさんあるのに、言葉に出来ずに黙り込んでしまったのです。

「由香里さんてお綺麗で可愛い方ですね。川島さんの気持ちが判ります」



貴子さんが年下の私をからかうような口調で話しかけました。

「貴子さんは…」
言いかけの言葉が途中で途切れてしまいました。突然、彼女と二人きりになったことへの緊張からか、鼓動が高鳴りはじめたのです。

「貴子って呼んでいいですよ。今は川島さんの妻ですからね」

街灯に照らされた彼女の表情は、貴婦人のような落ち着きと気品の中に、危うさを押し隠した妖艶な雰囲気を漂わせます。一瞬、息が止まりそうになりました。

彼女は私の隙を弄ぶつもりなのか、急に耳元に唇を近づけ小声で囁きます。

「それとも… 早くホテルに行きたいのかな…」

貴子さんは私の表情を確かめると、小悪魔のような笑みを浮かべたのです。
まるで、性交の経験がない少年の欲望に火を付けるかのように…

彼女は路地の脇にある駐車場の前で立ち止まると、私の手を引いて奥の暗がりへと目線で誘います。静寂の中に夜の都会のざわめきが遠くから聞こえるような、死角に囲まれた人目に付かない場所でした。



私は思わず、その暗い中で貴子さんを夢中で抱きしめたのです。背中に手を回し、立ったまま体を密着させながら、彼女の唇に自分の唇を重ねました。

由香里とは違う唇の感触… 微かなルージュの味… 手のひらから伝わる体の線…

一夜妻である彼女の胸元からは、一夜であるが故の欲望を誘いだす甘い人妻の香りが漂います。

「た… 貴子さん… 」

私は夢中で彼女の舌に自分の舌を絡めました。他人の気配に注意をすることも忘れ、彼女が差し出したきっかけに他愛もなくはまり込んでしまったのです。
貴子さんは私から唇を離すと、指先をスラックスのファスナーにかけました。

「ここはもう… 固くなっているの… かな…」

その言葉は、つい先程まで四人でいた時には、その気配すら見せなかった性の悪戯に満ちたものでした。男の本能を知り尽くした焦らしの笑みは、私の中に僅かに残った理性を瞬く間に打ち崩したのです。

<次ページへ>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

Page

姉妹ブログ
寝取られ、夫婦交換を通じて他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。
是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


愛する妻を他人へ


一夜妻への想い


妻を愛した少年



妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

最新記事
【記事の順序について】 このブログは、古い記事から順に並んでいます。 最新の記事は最後のページにあります。

カテゴリ
I2I フリーリンク
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
プロフィール

川島ゆきひと

Author:川島ゆきひと
東京都内に住む30代の会社員です。

数年前に、ある方と知りあったことをきっかけに、寝取られと夫婦交換の世界を体験しました。

それ以来、愛する妻が他人に抱かれ、相手の望みを受け入れる姿の虜になってしまったのです。

そんな私の想いを、エッセィとしてこのブログに書き綴ります。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ







私が夫婦交換を体験するまでの経緯や様々な出来事を他のブログにも書いています。
是非、併せてお読みください。

体験と願望の掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない行為を教えてください。


体験と願望の告白 掲示板

人妻ブログ集

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
相互リンク

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


人妻官能小説 蕩蕩


淫らな楽園


変態小説


寝取られ体験談アンテナ
リンク
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛のメール送信フォーム
Counter
Visitor
ブログランキング

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
RSSリンクの表示
広告エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。