FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜妻 (2)

<前ページより>

沢田さんは、私の妻の関心を引きそうな話題を予め用意していたようです。話の内容そのものよりも、心遣いが妻の沢田さんに対する好感度をより高めたのかも知れません。

夫である私にしても、妻を彼に安心して託すことが出来そうです。他人に抱かれる背徳の自責と躊躇いを超える程の性の悦び… それを妻に与えて欲しいと心の中で願いました。

会計を済ませ、私達四人は街灯の並ぶ店の外へと出ました。



「よろしければ今この場で、お互いのパートナーを交換しませんか?」

歩きながらの会話が途切れたタイミングを見計らって、沢田さんが私達に提案したのです。

「今から貴子を、川島さんの妻として接しても構いませんから」

全てはホテルに着いてからと思っていた私は、一瞬、言葉に詰まりながら由香里の表情を確かめました。慌てて目を反らした彼女の仕草は、私に今夜の全てを委ねているかのようです。

「判りました。こちらこそよろしくお願いします」

私はそう言いながら由香里の背中に手を添え、沢田さんと互いの妻を交換したのです。

貴子さんは私の顔を見つめながら、寄り添うように側に立ちます。彼女は小悪魔のように微笑みながら小声で「よろしくね」と言うと、あらたまって会釈しました。



彼女が今から私の妻… 一夜妻なのです。
いかなる交わりも、貴子さんとの受精だけを避ければ、全てが許され叶えられるのです。

「今から予約したホテルに行くのも、その前に近くで時間をつぶすのも、それぞれの自由ということにしましょう。ただし… 深夜12時過ぎに、お互いの部屋を訪問しませんか…」

沢田さんの言葉に、私は黙って頷きました。
彼の横にいる由香里… 沢田さんの一夜妻である由香里は、敢えてその言葉に表情を変えませんでした。

少し安心した気持ちと、何かが欠けているような、互いが入り混じった不思議な感情です。
一時であれ、由香里の姿が私から見えなくなることへの不安… もしかしたら、それも嫉妬の情感の一つなのでしょうか。

由香里が沢田さんと愛し合い、交わる姿の一部始終を見届けることが出来ないことに、焦りと妬みを感じていたのかも知るません。

夫から見えない場所で、他人と肌を重ねながら交わる私の妻… そんな彼女の姿を想い浮かべながら、愛おしみ慈しむことも夫婦交換の一つであると感じられるようになったのは、もう少し後のことでした。

<次ページへ>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

Page

姉妹ブログ
寝取られ、夫婦交換を通じて他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。
是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


愛する妻を他人へ


一夜妻への想い


妻を愛した少年



妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

最新記事
【記事の順序について】 このブログは、古い記事から順に並んでいます。 最新の記事は最後のページにあります。

カテゴリ
I2I フリーリンク
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
プロフィール

川島ゆきひと

Author:川島ゆきひと
東京都内に住む30代の会社員です。

数年前に、ある方と知りあったことをきっかけに、寝取られと夫婦交換の世界を体験しました。

それ以来、愛する妻が他人に抱かれ、相手の望みを受け入れる姿の虜になってしまったのです。

そんな私の想いを、エッセィとしてこのブログに書き綴ります。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ







私が夫婦交換を体験するまでの経緯や様々な出来事を他のブログにも書いています。
是非、併せてお読みください。

体験と願望の掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない行為を教えてください。


体験と願望の告白 掲示板

人妻ブログ集

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
相互リンク

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


人妻官能小説 蕩蕩


淫らな楽園


変態小説


寝取られ体験談アンテナ
リンク
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛のメール送信フォーム
Counter
Visitor
ブログランキング

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
RSSリンクの表示
広告エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。