FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒錯した嫉妬 (2/2)

<前ページより>

私は暗がりの中で妻の顔を見つめながら、今晩、男と交わった彼女の姿を思い描いたのです。妻の手での性処理に身悶えながら、堪え切れずに彼女に問いかけました。

「由香里… 今日は… あの男に何回抱かれたんだ?」
「2回…」
「感じたんだろ?…」
「うん…」
「あいつは… あいつは由香里にどんなふうに… どこに射精したの?…」

淡い照明の中で、顔を伏せながら恥ずかしさを取り繕う妻の笑みは、私にとっては例えようもない淫靡な仕草に思えたのです。



「あの男の勃起はどんな感じだった?… 激しい射精だったんだろ…」

妻の手の動きが早まるのに合わせるかのように、私の肉茎は先走りの液を垂らしながら硬直を増していくのです。
その粘液を五本の指に絡めながら、妻は私を快楽の極みへと誘います。

「ねえ… 口の中で出していいよ…」
「いいんだ… 由香里の顔を見ながら射精したいから…」

私は妻の髪を指先で払い、顔を見つめながら高まる快楽によがりの声を漏らしました。

今夜、デートした男の肉茎を舐めたであろう妻の唇…
男の舌が這いずった首筋や乳房、そして愛しい秘部…
他人が放った2度の精を受け入れた妻の体…

その全てが私にとって、眩しいばかりに淫らで美しい妻の姿なのです。

私は身悶えるままに体を反らし、妻の名前を声に出しながら、茎の割れ目がら熱い精液を迸らせたのです。
他の男のように、欲望だけに満ちた吐精などではない、彼女を愛している夫が精を放つ姿を見てほしかったのかも知れません。



白濁の液は幾筋にも連なりながら妻の手を汚しました。
指の間から漏れる滴りは糸を引くように垂れ下がり、粘りで揺れ動きながらシーツに零れ落ちます。
彼女は私の望みの全てを受け止め、包み込んでくれたのです。

裂けそうな程の私の呼吸がやがて静まるまで、妻は私の傍らに寄り添ってくれました。
私は急に訪れた激しい眠気の中で、放った精の後始末をしてくれる妻の温もりを感じながら目を閉じたのです。

<終わり>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

Page

姉妹ブログ
寝取られ、夫婦交換を通じて他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。
是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


愛する妻を他人へ


一夜妻への想い


妻を愛した少年



妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

最新記事
【記事の順序について】 このブログは、古い記事から順に並んでいます。 最新の記事は最後のページにあります。

カテゴリ
I2I フリーリンク
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
プロフィール

川島ゆきひと

Author:川島ゆきひと
東京都内に住む30代の会社員です。

数年前に、ある方と知りあったことをきっかけに、寝取られと夫婦交換の世界を体験しました。

それ以来、愛する妻が他人に抱かれ、相手の望みを受け入れる姿の虜になってしまったのです。

そんな私の想いを、エッセィとしてこのブログに書き綴ります。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ







私が夫婦交換を体験するまでの経緯や様々な出来事を他のブログにも書いています。
是非、併せてお読みください。

体験と願望の掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない行為を教えてください。


体験と願望の告白 掲示板

人妻ブログ集

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
相互リンク

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


人妻官能小説 蕩蕩


淫らな楽園


変態小説


寝取られ体験談アンテナ
リンク
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛のメール送信フォーム
Counter
Visitor
ブログランキング

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
RSSリンクの表示
広告エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。