FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻への恋 (15)

私にとっては、会社に入社して慣れない数カ月間の息苦しさを忘れさせる一時でした。

電器店で私が見たてたDVDレコーダーを、真奈美さんもすぐに気に入ってくれました。彼女の自宅への配達手続きを済ませた後は、いろんな店を一緒に巡りながら様々な話をし、たのです。
自分自身でも驚くくらい、ずっと真奈美さんと話していたと思います。彼女が喜ぶ品を選んであげることが出来たことも、私にとっては無事に大役を済ませた安堵となって、気持ちが高ぶったのかもしれません。

真奈美さんは、ずっと私のことを「川島くん」と呼んでくれます。最初は嬉しかった気持ちも次第に欲が出て、名前で呼んで欲しいと密かに思ったりもしました。

「生命保険の説明の時は私が話してばかりだったけど、今日は川島くんがいっぱい話してくれるね」

彼女の言葉に、私は有頂天になりました。昨日の気まずい出来事は、お互いの心の中にしまい込んだのです。実際は彼女が昨夜のわだかまりを消し去ってくれたおかげで、私がそのように振る舞えたのだと思います。



昨日までの新入社員と保険外交員という、会社での日常から始まった関係を超えることが出来たんだ…
もしかしたら真奈美さんかすれば、うちの会社の中で一番親しい相手が自分なのかも…

既に結婚している真奈美さん対して、何かを期待しているわけではありません。いくら彼女との心の距離が近くなっても、所詮は行き先の無い関係に過ぎないのです。
昨日まで私が思い描いた「契約のための交換条件」は、その事を判っていればこそのものでした。

だからこそ、彼女と一緒に過ごせた今日の出来事は、私にとっては思いもかけない、何よりも嬉しい出来事だったのです。

楽しい時間はいつの間にか過ぎ去り、歩道の脇に夕暮れの木漏れ日が差し込んできます。

もうすぐ真奈美さんは夕食を作りに家に帰る時間だ…
今日の一日は終わってしまうんだ…

私達二人は、彼女が住む路線へのターミナル駅へ電車向かいました。
楽しければ楽しいほど、終わりの時間が近付くことに焦燥が込み上げてきます。この先も彼女と親しいだけの関係で済まされてしまうことに、耐えがたい無念さが再び芽生えてきたのです。



乗り換えのコンコースを並んで歩きながら改札に向かう途中、彼女は立ち止り、私の顔を見ながら微かな小声で問いかけました。

「ねえ… 遊びで割り切ってなら いいよ…」
「え?…」

一瞬、私はその言葉の意味が判りませんでした。

「よかったらホテルに行こうか…」

突然のことに、私は息を呑みこみました。湧きあがる鼓動が不規則に胸を打ちならします。動揺する私の顔を覗きこみながら、つい今までの彼女とは別人の笑みを浮かべているのです。

真奈美さんと… セックス…? 
もしかしたら自分をからっている?

「でも… 真奈美さんは… 結婚してるのに…」

聞き返した瞬間、私は激しく後悔しました。
彼女は私を見つめたまま、大人の男性なら決してこの場では口にしない私の言葉に、唇に笑みを浮かべながら小さく頷きます。

「そうだよね… 確かに結婚はしてるんだけど、一緒には住んでいないの… 別居中…」

私には、その後に続く言葉が見つかりませんでした。予期しない突然の出来事に体が固まり、乾いた舌が口の中で縺れます。

「川島くんが知ってるところでいいから…」
「え… あの… この辺は詳しくないんです」
「じゃあ… 私が案内するしかないか…」

駅を出て、通りを曲がった細い道を並んで歩きました。初夏の陽はすっかり沈み、薄暗い路地には殆ど人通りがありません。
ラブホテルのネオンだけが、妖しい色の光を照らします。隣を歩く真奈美さんんのハイヒールの音だけが私の耳に届きます。



幾度も自慰の対象とした真奈美さんを自分のものに出来る…
儚い妄想の願いが叶えられる…

今日一日、彼女に対して固く閉ざした性の欲望が、扉を開け放つように一気に込み上げてきます。それと同時に、乏しいセックス経験に対する不安が私の焦りを更に駆り立てました。

別居しているとはいえ、人妻の真奈美さんを自分が満たせるのだろうか…
大人の女性に見下されるようなセックスしか出来ないのでは…

緊張したままの私は、どのホテルにするかすら決められず、何度か同じ道を行き来しました。
真奈美さんの脚が、あるホテルの入り口の前で急に立ち止ります。

私は上擦った声で彼女を誘いました。
「あ… あの、ここにしましょう」

実際は彼女が決めながらも、男である私が彼女を中に誘ったような取り繕いをするのが精一杯だったのです。

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

人妻への恋 (16)

私はフロントでの受付を済ませると、手にした鍵の部屋番号を確かめてから真奈美さんの少し先を歩きました。

緊張していることを気付かれないようにしなきゃ…
少しでも男らしい振る舞いをしなきゃ…

次第に速まる呼吸を真奈美に気付かれないように、息を押し戻しながら重いドアを開け、部屋の中に入ったのです。

柔らかな照明に照らされる白い部屋には、微かに音楽が漂います。中央には銀色の小さな装飾が施されたダブルのベットが置かれ、白い枕が二つ並んでいます。私の心とは真逆のような落ち着いた部屋の雰囲気が、一層、高鳴る鼓動を駆り立てるのです。



あのベットの上で真奈美さんと…
密かに憧れるだけしか出来なかった真奈美さんと…

彼女は脇にあるソファーにバックを置くと、スカートの裾に手を添えながらその脇に座りました。彼女は後ろめたさや引け目を表に出すこともなく、その凛した振る舞いがさらに私の焦りを駆り立てます。

これが真奈美さんが言ってた遊びということなのか…
割り切りだからこそ、10才も年下の自分を相手にしてくれるのか…

彼女に気付かれないように込み上げる生唾を呑み込みます。

落ち着け…
セックスの経験ならあるんだ…
初めてじゃないんだ…

真奈美さんは、立ったままの私を見上げながら、隣りに座るよう、目で促します。僅かな距離を置いて、私は彼女の横に並ぶように座りました。

「今日… いろんなとこ歩いたから、真奈美さん、疲れていない?…」

私には、そう話しかけることが精一杯でした。

「ううん… 大丈夫だよ…」

会話はすぐに途切れ、僅かな無言の時間すら長く感じます。ほのかに漂う真奈美さんの香りが、ずっと抱き続けた年上の女性に対する憧憬を呼び起こします。

スカートの裾下から見える美しい線の脚…
手を伸ばせば届く均整な膨らみの胸…

幾度も自慰の対象とし続けた真奈美さんの体が傍らにあるのです。喉を締め付けるような緊張と鼓動の中で、抱き続けてきた密かな妄想と目の前の現実が交錯します。

昨日までは、かなわぬ想いを遂げる唯一つの方法と信じ、保険契約との交換条件で真奈美さんの体を得ることを企みました。それなのに、その場になって怖じ気付いて言葉に出来なかった臆病な私にとって、今、彼女と二人でこの場にいることへの現実感が追い付いて来ないのです。



彼女と目を合わせることも出来ず、落ち着きなく視線を逸らす私に対して、真奈美さんはもどかしく思ったのでしょうか。

「川島くん…」

不意に名前を呼ばれ、思わす真奈美さんに顔を向けました。
彼女の口元がゆっくりと近づいてきた瞬間、私の心を押し留めていた緊張と戸惑いが、一気に欲望のかたまりへと豹変したのです。

夢中で彼女の唇に自分の唇を押し付けると、背中に手をまわして体ごと抱き寄せました。鼻腔の奥に漂う淡い香り… 大人の女性だけがまとう微かな甘い香りが私の淫らな願望を駆り立てます。

「ま… 真奈美さん…」

重ねた唇の隙間から舌を中に挿し入れ、彼女の舌に絡み合わせます。あたたかく柔らかな感触が体を内側から溶かしながら、さらなる欲望を煽ります。
股間の勃起は行き場を無くしたまま張り詰め、真奈美さんの体奥を求めながら狂おしい程に火照りを増していきます。

一年以上も性の交わりが途絶えていた22才の私には、人妻である真奈美さんの全てがあまりに眩しく、愛おしかったのです。

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

Page

姉妹ブログ
寝取られ、夫婦交換を通じて他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。
是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


愛する妻を他人へ


一夜妻への想い


妻を愛した少年



妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

最新記事
【記事の順序について】 このブログは、古い記事から順に並んでいます。 最新の記事は最後のページにあります。

カテゴリ
I2I フリーリンク
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
プロフィール

川島ゆきひと

Author:川島ゆきひと
東京都内に住む30代の会社員です。

数年前に、ある方と知りあったことをきっかけに、寝取られと夫婦交換の世界を体験しました。

それ以来、愛する妻が他人に抱かれ、相手の望みを受け入れる姿の虜になってしまったのです。

そんな私の想いを、エッセィとしてこのブログに書き綴ります。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ







私が夫婦交換を体験するまでの経緯や様々な出来事を他のブログにも書いています。
是非、併せてお読みください。

体験と願望の掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない行為を教えてください。


体験と願望の告白 掲示板

人妻ブログ集

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
相互リンク

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


人妻官能小説 蕩蕩


淫らな楽園


変態小説


寝取られ体験談アンテナ
リンク
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛のメール送信フォーム
Counter
Visitor
ブログランキング

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
RSSリンクの表示
広告エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。