FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜妻 (4)

<前ページより>

私は貴子さんの手を振り払い、自らスラックスのファスナーを下ろしました。
欲のままに膨れ上がり、行き場を無くした勃起を中から引き出し、一夜の妻となった彼女の前に突き出したのです。

屋外の、しかも不特定の人が出入りする駐車場の片隅という特別な状況が、逆に私の欲望を掻き立てたのかも知れません。
数分前とは別人な程に豹変した私に対して彼女は慌てることもなく、むしろ意中通りの行動にはまり込んだ私を弄ぶことを楽しんでいるかも…

貴子さんは私の勃起を指先で撫でながら、唇から一筋の雫を垂らしました。
艶めかしい粘液を亀頭の割れ目から滴らせる肉茎を、貴婦人の美しい指が這いずります。



今まで何人の夫が、こうして彼女の誘いにたやすく絡め捕られたのだろう…
その行為の全てを許し、むしろそれに至福の悦びを感じる彼女の夫… 沢田さんが異常であるなら、彼と妻を交換した私も異常なのか…

私はこの背徳に満ちた悦楽に浸れるなら、たとえ異常な性癖の虜になったとしても構わないとさえ思えました。

貴子さんを背後から抱きしめ、それまでは視姦だけの対象だった彼女のスカートの中に手を入れました。ストッキングに包まれた美しい線の脚を撫で回しながら、秘部の谷間へ指先を這わせたのです。

私のその動きを、彼女の片手が制しました。

「続きは落ち着いた場所で… 時間はいくらでもあるし…」

貴子さんは背後から抱きしめる私に振り返りながら、お預けでもするように笑みを浮かべました。

張り詰めた勃起を無理やりスラックスの中に押し込め、平静を取り戻すように自分に言い聞かせながら、その場所を立ち去りました。



あの場所は人に見つかるリスクのあることぐらい、最初から判ってることじゃないか…
誘ったのは彼女の方からなのに…

心の中にこみ上げる憮然とした感情を隠しながら、私は貴子さんとホテルに向かったのです。

もしかしたら、全ては彼女の悪戯心からのゲームみたいなものなのだろうか…
それとも、何かの意図があった上での彼女なりの駆け引きなのか…

彼女の心中を探りながらも、火がついた欲望のくすぶりは、私の中で再び大きく広がっていくのです。

<次ページへ>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

一夜妻 (5)

<前ページより>

貴子さんは着衣の乱れを直した後、髪を手で整えながら私の横に並びました。
彼女の表情と仕草には、つい今し方までの妖艶な淫らさの欠けらすら有りません。品のある、知性すら漂うその豹変に戸惑いながら、その場から彼女と立ち去ったのです。

暗い道を歩きながら、思いついた他愛も無い話を彼女にしながらも、胸の鼓動はすぐには収まりません。
あの場所で彼女が私の肉茎に与えてくれた、柔らかで滑らかな指先の動きがリアルな感触で蘇るのです。
その邪念を振り解きながら、多くの女性が想い描くであろう理想の夫の振る舞いに努めたのです。おそらく貴子さんからすれば、見え透いた悪あがきに見えたことでしょう。



なだらかな坂道の突き当たりに、白い灯りに照らし出されたホテルが見えました。
片側は大きな路地に面していますが、車の通りは少なく、静かで落ち着いた雰囲気です。

由香里はもうチェックインしているのだろうか…
それとも、さっきの私達のように人目の無い場所で…

貴子さんは私の腕にそっと手を触れ、顔を見合わせながら笑みを浮かべました。

貴婦人の顔…
私と由香里が彼女に付けた呼び名に相応しい、凛とした顔立ちには後ろめたさも躊躇いもありません。
ハイヒールの音を背に受けるような淑女の足取りでエントランスの中へと入って行ったのです。

「予約している川島貴子です」
フロントの係りに告げる彼女の言葉に、思わず貴子さんの横顔を見つめました。

私の姓と彼女の名…

一夜の妻として、私の姓を躊躇うことなく言葉にした彼女の顔に、二人の女を見る想いがしたのです。

夫である沢田さんを今夜だけは忘れ、他人の夫と交わる悦びに浸ることを願う女…
もう一つは、他人の夫が人妻に寄せる欲望を自身の体で叶えさせ、その精の全てを受け入れることに悦びを感じる女…

その二人の女の姿が重なる貴子さんに、私は言い知れぬ魅力と執着を感じたのです。



「川島さん」

不意に私を呼ぶ声が聞こえました。振り返ると、沢田さんと由香里が並んで立っています。

「私達も今着いたばかりです」
沢田さんの言葉に頷きながら、心の中では由香里の様子が気になりました。

彼女はその場を取り繕うかのように笑みを浮かべた後、私とは目を合わせようとはしないのです。まるで、今この場所で私と会ったこと自体を拒むかのようです。
レストランを出た時までの妻とは余りに異なる変化に私は戸惑いました。

もう… どこかの場所で由香里と沢田さんは、何らかの性的な行為をしたのか…
私と貴子さんが人目を避けながら抱き合ったように…
由香里はもう心の中まで沢田さんの一夜妻になっているのか…



「私達もチェックインしたら、そのまま部屋に入ります。川島さんも、二人きりの部屋で思いのまま貴子を愛して下さい。私も由香里さんを… その後にまた4人で会いましょう」

私は沢田さんの言葉に頷くと、あえて貴子さんの手を握りながらエレベーターの前に立ちました。
ドアが開くまで、結局、由香里と目を合わせることは無かったのです。

他に誰もいないエレベーターの中で、私はいきなり貴子さんを抱き寄せ、唇を押しつけました。

彼女を愛したい…
幾度も沢田さんが抱いた彼女の体を、私の愛欲の迸りで満たしたい…

予期せぬ突然の嫉妬に心が乱れ、体中に焦りの脈が駆け巡ります。誰のせいですらない理不尽な葛藤の捌け口を、貴子さんに求めたのです。

<次ページへ>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

Page

姉妹ブログ
寝取られ、夫婦交換を通じて他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。
是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


愛する妻を他人へ


一夜妻への想い


妻を愛した少年



妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

最新記事
【記事の順序について】 このブログは、古い記事から順に並んでいます。 最新の記事は最後のページにあります。

カテゴリ
I2I フリーリンク
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
広告エリア
プロフィール

川島ゆきひと

Author:川島ゆきひと
東京都内に住む30代の会社員です。

数年前に、ある方と知りあったことをきっかけに、寝取られと夫婦交換の世界を体験しました。

それ以来、愛する妻が他人に抱かれ、相手の望みを受け入れる姿の虜になってしまったのです。

そんな私の想いを、エッセィとしてこのブログに書き綴ります。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ







私が夫婦交換を体験するまでの経緯や様々な出来事を他のブログにも書いています。
是非、併せてお読みください。

体験と願望の掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない行為を教えてください。


体験と願望の告白 掲示板

人妻ブログ集

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
相互リンク

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


花しずく
~京都M妻の愛され方~


妻のセックス


人妻官能小説 蕩蕩


淫らな楽園


混浴大全集


変態小説


寝取られ体験談アンテナ


結婚と性生活アンテナ
リンク
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛のメール送信フォーム
Counter
Visitor
ブログランキング

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。