FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴婦人 (4/5)

<前ページより>

貴子さん…

私は妻の姿に貴子さんを重ね合わせました。
今まで、何人もの男が彼女の体で欲望を満たし、吐き出す精とともに悦楽の果てを迎えた… もうすぐ、私もその一人になれるのです。

そして、それは妻と沢田さんにとっても同じことなのです。
今、私の勃起を包む妻の口淫は、間もなく沢田さんが味わう妖艶な悦楽そのものですから。

「由香里… 俺を沢田さんて呼んで…」

一瞬、妻の顔に戸惑いと迷いの表情が浮かびましたが、私が求め欲しがっていることを理解してくれました。
きっとそれは今、妻が欲しいものでもあるはずです。



「沢田さん…」

由香里は他人の夫の名前を口にし、私の肉茎に彼を想いながら、その舌を亀頭の周りに這わせました。彼女の口内を満たす滑らかな唾液が、次第に私の体から正気を奪っていきます。

指先の爪が睾丸の袋をなぞり、例えようのない快楽が光の滴となって降り注ぐようでした。

これと同じ至福を、間もなく沢田さんも味わうんだ…
私の妻の虜になるのなら、彼女の口内を精液で汚しても構わない…

私達は体を入れ替え、お互いの性器を唇と舌で愛し合いました。
妻の膣口を舌でこじ開け、中を潤す暖かな愛液を掬い取るように舐めたのです。

もうすぐこの秘部を、他の男の勃起が貫く…
中の湿りを亀頭の先端で何回もなぞるんだ…

私は衝動を堪えきれず、仰向けになった妻の上から体を重ね合わせたのです。
亀頭を秘部の割れ目にあてがい、粘膜に包まれた膣口を探ります。妻の艶めかしい体温を先端で感じながら、貴子さんとの交わりの瞬間を想い描きました。



沢田さんが幾度も愛した膣壁を、子宮に届くほど奥深くまで私の肉茎で貫きたい…
体を弄る夫以外の勃起で身悶える貴子さんの姿が見たい…

高ぶる想いと願望に心を震わせながら、私は由香里の中へと下腹部を沈めたのです。

「ああっ…あっ」

妻の悦びが寝室に漏れます。
亀頭が押し開く膣口の感触が、眩しい程の恍惚となって背中から脳を突き抜けます。

貴子さん…

他人の妻を想いながら、私は強張りの根元まで由香里の体を貫きました。
生温かい粘膜で覆われた膣の中で、茎は欲望の捌け口を求めるように反り返り、先端の抉れで愛液の滴る膣壁を何度もなぞります。

快楽は亀頭から下腹部、そして体全体へと広がり、欲望の本性を剥き出しにしながら妻と貴子さんを交互に犯したのです。

<次ページへ>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

貴婦人 (5/5)

<前ページより>

私の耳元に触れている由香里の唇から、喘ぎに混じった沢田の名前が漏れ続けます。妻と交わりながらも、他人に寝取られているかのような焦りと嫉妬が湧き上がりました。

由香里… 今、どんな想いで抱かれているんだ…
そんなに約束の日が待ち遠しいのか…

私の体の奥深くからは、欲にまみれた精の迸りが出口を求めて茎の中へ溢れ出ようとしています。私は必死に吐精を堪えながら、粘液の纏わる膣の愛おしさを貴子さん自身にすり替えます。

それは私と妻の二人だけで描き出した、偽りの夫婦交換なのかもしれません。
それでも、その行為が秘める禁断の快楽に魅せられた私達にとっては、お互いの絆を確かめ合う営みでもあるのです。



「沢田さん… 出して… 夫よりも激しく… たくさん出して…」

妻は体を震わせながら、他人としての精の飛沫を夫の私に哀願したのです。それは私の高ぶりが頂に達しようとした瞬間のことでした。妻の言葉によって、射精を押し止めていた最後の支えが外れてしまったのです。

妻の中から肉茎を引き抜き、込み上げる精液を一気に放ちました。



貴子さん… もうすぐ貴子さんを…

体全体が脈動の波に揺れながら、亀頭の先端から溢れる精が妻の肌に撒き散らされました。彼女の下腹部から乳房、そして首筋までもが何本もの白い粘液で塗り潰されていきます。

他人に妻を渡す前に、自分のものである証を染み込ませるために…
そして、他人の妻である貴子さんとの交わりを待ちきれずに…

<次章「一夜妻」へ続く>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

一夜妻 (1)

<前章「貴婦人」より>

沢田さんとの待ち合わせは金曜日の夜、都内の私鉄駅近くのレストランバーでの約束でした。
私と妻は予め別の場所で逢い、一緒に沢田さんとの待ち合わせ場所に行くことにしたのです。

二人とも日中はそれぞれの会社で仕事がありましたが、予定どおり終わらせることが出来ました。
携帯で連絡を取り合い、駅の乗換口で妻と逢いました。

妻には予め服装を指定していたのですが、実際に見るまでは少し気になっていたのです。

清楚な雰囲気と短めのスカートのバランスが取れた服装…
品がよく、男の潜在的な性的欲望を刺激するもの…

二つとも矛盾する組み合わせかも知れませんが、今夜、沢田さんが由香里と二人だけになるまでは私の妻なのです。妻の装いにこだわるのは、私好みの由香里の姿を彼に見せたいという願望の表れなのでしょう。



沢田さんと待ち合わせしたバーはすぐに見つかりました。
店のドアを開くベルの音で、貴子さんが私に気付いてくれました。彼女の素振りで沢田さんも私達を見つけると、「川島さん」と声を出してテーブルに招いてくれたのです。

ささいなことかも知れませんが、大勢の人がいる中で、貴子さんが私をすぐに見つけてくれたことがとても嬉しかったのです。

彼女も今日の約束を、きっと心待ちにしていたんだ…
私との一晩を待ち焦がれているんだ…

そんな想いを押し隠しながら、妻に気付かれないように、貴子さんの姿を見つめました。
今日の彼女は微かな光沢のあるグレーのツーピース姿で、彼女自身の魅力である品の良さを引き立てるものでした。

タイトスカートから伺う下半身のシルエットと美しい脚のラインに、霰もない場面が脳裏に浮かび上がります。



もうすぐ、この着衣の下に隠された肌の全てが自分のものになる…
今夜一晩、美しい人妻の貴子さんを、心ゆくまで愛することが出来るんだ…
開いた美脚の間に自分の下腹部を押しつけて、貴子さんの秘部を貫けるんだ…

私は挨拶もそこそこにカクテルを注文し、暫くの間、当たり障りの話題で由香里の「良き夫」を演じながらも、心の中では湧き上がる性の欲望に鼓動を高鳴らせていたのです。

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

一夜妻 (2)

<前ページより>

沢田さんは、私の妻の関心を引きそうな話題を予め用意していたようです。話の内容そのものよりも、心遣いが妻の沢田さんに対する好感度をより高めたのかも知れません。

夫である私にしても、妻を彼に安心して託すことが出来そうです。他人に抱かれる背徳の自責と躊躇いを超える程の性の悦び… それを妻に与えて欲しいと心の中で願いました。

会計を済ませ、私達四人は街灯の並ぶ店の外へと出ました。



「よろしければ今この場で、お互いのパートナーを交換しませんか?」

歩きながらの会話が途切れたタイミングを見計らって、沢田さんが私達に提案したのです。

「今から貴子を、川島さんの妻として接しても構いませんから」

全てはホテルに着いてからと思っていた私は、一瞬、言葉に詰まりながら由香里の表情を確かめました。慌てて目を反らした彼女の仕草は、私に今夜の全てを委ねているかのようです。

「判りました。こちらこそよろしくお願いします」

私はそう言いながら由香里の背中に手を添え、沢田さんと互いの妻を交換したのです。

貴子さんは私の顔を見つめながら、寄り添うように側に立ちます。彼女は小悪魔のように微笑みながら小声で「よろしくね」と言うと、あらたまって会釈しました。



彼女が今から私の妻… 一夜妻なのです。
いかなる交わりも、貴子さんとの受精だけを避ければ、全てが許され叶えられるのです。

「今から予約したホテルに行くのも、その前に近くで時間をつぶすのも、それぞれの自由ということにしましょう。ただし… 深夜12時過ぎに、お互いの部屋を訪問しませんか…」

沢田さんの言葉に、私は黙って頷きました。
彼の横にいる由香里… 沢田さんの一夜妻である由香里は、敢えてその言葉に表情を変えませんでした。

少し安心した気持ちと、何かが欠けているような、互いが入り混じった不思議な感情です。
一時であれ、由香里の姿が私から見えなくなることへの不安… もしかしたら、それも嫉妬の情感の一つなのでしょうか。

由香里が沢田さんと愛し合い、交わる姿の一部始終を見届けることが出来ないことに、焦りと妬みを感じていたのかも知るません。

夫から見えない場所で、他人と肌を重ねながら交わる私の妻… そんな彼女の姿を想い浮かべながら、愛おしみ慈しむことも夫婦交換の一つであると感じられるようになったのは、もう少し後のことでした。

<次ページへ>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

一夜妻 (3)

<前ページより>

ホテルの場所は貴子さんが知っているので、彼女と私は沢田さん達とは別の道を遠回りしました。

私は彼女と、車の少ない細い通りを並んで歩きました。
話したいことはたくさんあるのに、言葉に出来ずに黙り込んでしまったのです。

「由香里さんてお綺麗で可愛い方ですね。川島さんの気持ちが判ります」



貴子さんが年下の私をからかうような口調で話しかけました。

「貴子さんは…」
言いかけの言葉が途中で途切れてしまいました。突然、彼女と二人きりになったことへの緊張からか、鼓動が高鳴りはじめたのです。

「貴子って呼んでいいですよ。今は川島さんの妻ですからね」

街灯に照らされた彼女の表情は、貴婦人のような落ち着きと気品の中に、危うさを押し隠した妖艶な雰囲気を漂わせます。一瞬、息が止まりそうになりました。

彼女は私の隙を弄ぶつもりなのか、急に耳元に唇を近づけ小声で囁きます。

「それとも… 早くホテルに行きたいのかな…」

貴子さんは私の表情を確かめると、小悪魔のような笑みを浮かべたのです。
まるで、性交の経験がない少年の欲望に火を付けるかのように…

彼女は路地の脇にある駐車場の前で立ち止まると、私の手を引いて奥の暗がりへと目線で誘います。静寂の中に夜の都会のざわめきが遠くから聞こえるような、死角に囲まれた人目に付かない場所でした。



私は思わず、その暗い中で貴子さんを夢中で抱きしめたのです。背中に手を回し、立ったまま体を密着させながら、彼女の唇に自分の唇を重ねました。

由香里とは違う唇の感触… 微かなルージュの味… 手のひらから伝わる体の線…

一夜妻である彼女の胸元からは、一夜であるが故の欲望を誘いだす甘い人妻の香りが漂います。

「た… 貴子さん… 」

私は夢中で彼女の舌に自分の舌を絡めました。他人の気配に注意をすることも忘れ、彼女が差し出したきっかけに他愛もなくはまり込んでしまったのです。
貴子さんは私から唇を離すと、指先をスラックスのファスナーにかけました。

「ここはもう… 固くなっているの… かな…」

その言葉は、つい先程まで四人でいた時には、その気配すら見せなかった性の悪戯に満ちたものでした。男の本能を知り尽くした焦らしの笑みは、私の中に僅かに残った理性を瞬く間に打ち崩したのです。

<次ページへ>

>> 欲望と官能のブログをもっと見る(FC2)
>> 男女の性に関するブログをもっと見る

Page

姉妹ブログ
寝取られ、夫婦交換を通じて他人の妻と性の交わりを体験した時の様子を、他のブログにも書きました。
是非、このブログと併せてお読み下さい。


妻が淫らに染まる時


愛する妻を他人へ


一夜妻への想い


妻を愛した少年



妻 由香里について
私の妻、由香里について、下のリンク先で紹介します。

最新記事
【記事の順序について】 このブログは、古い記事から順に並んでいます。 最新の記事は最後のページにあります。

カテゴリ
I2I フリーリンク
スマートフォンから
下のQRコードを、スマートフォンやモバイル端末のバーコードリーダから読み込ませると、このブログを表示させることが出来ます
QR
プロフィール

川島ゆきひと

Author:川島ゆきひと
東京都内に住む30代の会社員です。

数年前に、ある方と知りあったことをきっかけに、寝取られと夫婦交換の世界を体験しました。

それ以来、愛する妻が他人に抱かれ、相手の望みを受け入れる姿の虜になってしまったのです。

そんな私の想いを、エッセィとしてこのブログに書き綴ります。

私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ







私が夫婦交換を体験するまでの経緯や様々な出来事を他のブログにも書いています。
是非、併せてお読みください。

体験と願望の掲示板
あなたの性体験、心の奥に秘めた願望や性癖、夫婦や恋人同士での人に言えない行為を教えてください。


体験と願望の告白 掲示板

人妻ブログ集

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
相互リンク

相互リンクの御申し込みは、
こちらから


人妻官能小説 蕩蕩


淫らな楽園


変態小説


寝取られ体験談アンテナ
リンク
メール
「川島 ゆきひと」宛
ゆきひと宛のメール送信フォーム
Counter
Visitor
ブログランキング

欲望と官能のブログ集


アダルトブログ
RSSリンクの表示
広告エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。